らく趣味ぃ

虫の話とか創作活動とか無駄話とか
Posted by てぃーだsun

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by てぃーだsun   5 comments   0 trackback

締めくくりにふさわしく

先日の『ウィーン世紀末展』で
がっくりしたまま幕を閉じようとしていた今年の美術鑑賞。
ここへきて、古くからの友人・神野さんから
美術館『えき』KYOTO
『イメージの魔術師 エロール・ル・カイン展』
のお誘いが。

エロール・ル・カイン


アナタ、こんな年末の物入りの時期に
しかも無駄に散財(orz)したとこなのに・・・



行くに決まってるやん!

入れ食い状態で即返しましたわw


まず入ってすぐ
クリスマスらしく、サンタクロースのお話の原画が展示されています。
ポスターのモノクロの線画とは似ても似つかない
ふんわりと柔らかな色調の優しい絵の数々。
なんか、優しい気分になって泣けてきちゃいましたよ。(゚ーÅ) ホロリ


他にも数多くの絵本原画が並んでいます。
どれも素晴らしくて、全部紹介したいくらいなのですが
アマゾンのリンク載せてたらキリないわw
代わりにイギリスのル・カインサイト載せておきます(^m^)
http://www.errollecain.com/
あと、図書館の絵本コーナーへ行けば多数見られるはずです。(^^)

ポスターに使われている『キューピッドとプシケー』


これの絵に惹かれて、行きたいと思っていたのですが

生で見ると感動倍増!ヾ(゚ii゚)ノ

とにかく「美しい」の一言!
「絵本原画でしかもモノクロ線画なら印刷でも同じでしょう。」
なんて思ってはいけません!
全然違います!
どの絵に関しても言えることですが
絵の浮き上がり方がまるで違うのですよ。

はっきりと言い切ってしまいましょう。

先日のクリムトより感動しました!

それに今回は気の合う相棒もいることで
ツッコミながら見るという楽しみ方もできましたww

いやぁ♪
いい気分で今年の美術鑑賞を締めくくれますよ♪
そろそろ年末仕事にも取り掛からないといけませんしねー
(一気に現実( ̄ ∀ ̄;)

スポンサーサイト
Posted by てぃーだsun   2 comments   0 trackback

看板に偽り(は)なし

昨日はミュージアムに行ってまいりましたのよ。おほほ

サントリーミュージアム[天保山]
クリムト、シーレ ウィーン世紀末展

クリムト!

これの、でっかいポスターが
いたるところに張られています。
期待が高まります♪

まず入ってすぐは、ウィーンミュージアム所蔵の
ハンス・マカルトなどの作品が並びます。
それをしばらく堪能して、いよいよクリムト作品へ!!

「クリムトとそのサークル」と題された、そのブースで
まず「ウィーン分離派」の同志である
クリムトの弟と友人の作品が数点並び、
次にクリムトの初期の作品。
あの独特の文様はまだ使われておらず
ルネッサンス絵画のような細密な描写が美しいです。

しかし、写実的にもかかわらず
人物の目の大きさが微かにマンガチックw
「牧歌」という絵があるのですが
これの右側のオニーサンの目つきは反則ですな。

                この目ですよ、この目 ↓
目つき妖しすぎ
画像はコチラから拝借                「惚れるなよ」
http://www.salvastyle.com/menu_symbolism/klimt_idylle.html

オタっ気のある女子ならイチコロですなw
(クリックで拡大できますので、射抜かれてくださいw)
まぁ、私も無くはないですが
私のハートはメイ様に占められておりますので♪

ポスターにも使われている「パラス・アテナ」
じかに見るアテナは巨大で荘厳で、妖しい。射抜かれます。
そして絵のタッチも、ルネッサンス調から
独特の妖しいタッチに変わってきているのが面白い。

そして数点の習作と素描が並んで
次、エゴン・シーレのブース。



・・・・・
これだけ?(゚□゚ )


いや、他にも素晴らしい絵画はたくさんあるのですけどね。
やはりクリムト目当てに馳せ参じたワタクシと致しましては


んー・・・・・なんといいましょうか・・・・・




釣られた感、満点。

特に、私にとってクリムトといえば
「ダナエ」と「水蛇」は欠かせないのですよ。(TДT)ノ彡☆
それにさぁ、
あのポスターのレイアウトってさぁ、

「クリムトとシーレ、満載!」

みたいに思いません?ねぇ?
ええ。たしかにありましたよ。
悪くはなかったですよ。
でもね・・・でもね・・・


感想。
クリムトに埋もれたい方には
正直、オススメできません。


あ、でも額縁の装飾はすごく面白かったです!♪
これは本当に、じかに見ないと分かりませんからw
クリムトと弟クリムトの作品に使われている
銅版を使った額が、かなりイイ!(・∀・)ノ
パパ・クリムトが彫金作家らしいので
パパによる装丁なのかしらw
そこを楽しめる方には、いいですねw
あと、世紀末ウィーン美術を堪能されたい方はドウゾ。


個人的には
目の前は海

天保山の山頂に到達したような
なんともいえない達成感の無さが・・・・・
Posted by てぃーだsun   5 comments   0 trackback

冬来たる

去る夏

冬来る

夏の名残

好きなドリンクだけど
さすがに涼みたくはない、右上。

新しい月
・・・さっそく来週の役員会の準備orz

萎えてます
萎えとる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。