らく趣味ぃ

虫の話とか創作活動とか無駄話とか
Posted by てぃーだsun

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by てぃーだsun   4 comments   0 trackback

作品の評価と対価

日曜日、私の高校からの友人である猫月めいさんの
ツムテンカク出店ブースにおじゃましてきました。

彼女は妖怪モチーフのグッズを制作販売しているのですが、
作品がお客さんに評価されて巣立っていくというのは
本当に素晴らしいことだなと、つくづく思いましたね。
私はまだこれから作家活動を始めようと思い立ったばかりで
「自分はアーティストだ」と言い張るのは簡単だけど
値段をつけるということは
「自分の作品がそれに値するか否か」
の評価を直に叩きつけられるわけで。怖いですよ、本当に。

やはり何か作るからには評価されたいです。
すごいと言われたいし売れて欲しいです。

平面にしろ立体にしろ、雑貨でも音楽でも文章でも、
求められる作品を世に出す人は素晴らしいです。
憧れますね。私もそうなりたいです。


写真は猫又万華鏡と
140525_141831.jpg

妖怪カンバッヂ(と強風からディスプレイを守る怪しい手)
140525_142228.jpg

そして寿司怪人めいちゃんと
寿司にかぶりつく看板娘の狐面巫女ちゃん。
(この画像はめいちゃんツイッターより拝借)
https://twitter.com/kyuubi_kitune
Bod7A_oIEAAmxW1.jpg


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。