らく趣味ぃ

虫の話とか創作活動とか無駄話とか
Posted by てぃーだsun

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by てぃーだsun   1 comments   0 trackback

虫食いねぇ!

伊丹市昆虫館で昆虫食試食のイベントがありました。
http://www.itakon.com/
イナゴの佃煮とか蜂の子とか、前々から興味があったものの
瓶詰めって結構高いじゃないですか、高級食材ですよ。
それを食べさせてもらえるということで喜び勇んで行ってきましたよ!
会場に到着したときには10分ほど過ぎていて、
それでも2名分定員の空きがあり入らせてもらえました。感謝です。

まずは企画して下さった先生のレクチャー。
タイのフードコートで普通に並んでる山盛りの虫の画像が
デパ地下のお惣菜コーナーみたいで美味しそうに見えます。
今回用意されたのは、日本からはイナゴの佃煮、ザザムシの佃煮
蚕の佃煮を粉砕して生地に混ぜ込んだクッキーと蜂の子ごはん。
そしてタイからはコオロギ、カメムシの炒めたもの。
DSC01975-20.jpg

DSC01974-20.jpg

ストロボ接写で撮るとちょっとグロい感じになります。(--;)

DSC01979-20.jpg

カメムシは「さわやかな青りんごの香り」は感じなかったけど
私個人の感想ではソラマメのクセに近いかなぁ。
一番気に入ったのは大きいコオロギ!
みかんの葉で香りをつけた炒め物ですが
この味付けとサクサク感が絶品でした!これもっと食べたい!
イナゴの佃煮は殻っぽいものを想像してましたが
ふんわりしっとり炊けていて美味しかったです。
蜂の子ご飯は、幼い白い子はゆるいアサリみたいな感じ。
さなぎは少しだけ殻っぽいです。
親蜂も入ってサクサク。甘く炊き上がったご飯が最高でした!
ザザムシは、これも殻っぽいイメージを持ってましたが
エビを細くした感じかな、意外とふっくらしてました。
「今年採れたザザムシです(^^)」という説明が
なんというか、そこはかとなくシュール漂ってていいなぁと思ったのですが
え?今年?真冬の川でガサガサですか!?
ググってみるとザザムシの収穫は冬に行うそうで、
そんな身を切るような冷たい川に入って採ってくださった貴重な食材、
そう考えると身が引き締まる思いです。美味が増します。
蜂の子も命がけでクロスズメバチの巣をとったあと
1匹づつ丁寧にピンセットでつまんで出していくという
気の遠くなるような作業を経て食卓に並ぶわけです。
高級食材なのも頷けます。大変美味しくいただきました。(-人-)

~~~~~~~~~~~~~~~

試食会の後は展示を堪能。
2センチほどの小さいコノハムシ。萌える。(*´д`*)
DSC01982-20.jpg

ガラスにへばりついたゾウムシ。萌える!(*´Д`*)
DSC01983-20.jpg

チョウ温室、チョウまみれになれます。楽園!
DSC01985-20.jpg

DSC01989-20.jpg

DSC01991-20.jpg

今だとヒスイカズラという珍しい花が咲いてます。
上質な宝石のような美しい色に息を呑みます。
DSC02003-20.jpg

DSC02004-20.jpg

花は咲いたらすぐ落ちるそうです。落ちてもなお美しい。


あと学習コーナーには外国の森林性のGを触れるコーナーがあって
・・・いや、それはさすがに・・腰が引けるかな・・(--;)
「袖に入りたがるのでご注意下さい」って、そ、それはかなりイヤかな・・・
小さい子が普通に触って遊んでました。まぁ・・清潔に飼われてるものだから・・
親御さんがヒステリックに止めたりしないのがよかったですね。
さっきの試食会でも若いカップルや親子連れの人たちもいたりして
みなさん純粋な興味を持って楽しんでましたね。
気持ち悪いとかいう意見は全くなく、とても雰囲気の良い場でした。


3月4月にも試食会あるんですよ。
都合が付いたらまた行きたいな。
あのみかんハーブのコオロギ!( ´¬`)ウマウマ


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://thiidasun.blog89.fc2.com/tb.php/1205-31452b11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。