らく趣味ぃ

虫の話とか創作活動とか無駄話とか
Posted by てぃーだsun

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by てぃーだsun   9 comments   0 trackback

ルーツか?

昨日出足をくじかれてしまったお出かけ。
今日行きましたですよ。www
改めてリンクつけましょう!
インカ・マヤ・アステカ展!


中南米の文化、古代文明は
もともと大好きなのですよ。
これまでにもこの類の展覧会には
幾度となく足を運んだのですが
今回のは、また「ビビっ!」とキましたね。
今回一番キたのが、これ。
カミナルフユ石碑11

カミナルフユ石碑11。

展示室の入り口を入ってすぐ一番目に
この石碑が聳え立っていたのですが

見た瞬間体が震えました。

久々ですよ。
夏に「ナスカ展」見たときより強い衝撃でした。
過呼吸の発作起こすんじゃないかと思えるくらい
ドキドキしましたよ。
「もしかして自分が彫ったのか」と思ってしまったくらい。
いや、マジで。

「お手を触れないで下さい」

お願いです!
お手を触れさせてください!!
この手でマヤ人の気配を感じたいんです~!

そこで
妄想力駆使!


目から受け取る情報のみで
質感・重さ・温度など推測しながら
指先に全身にそれを伝えていくという
かなり精神力と集中力を要する鑑賞法を
やってまいりました。
若い頃は展示物全てにできたのですが
今はピンポイントでしか無理ですね、さすがに。
いやはや、疲れましたわ。

テレビなどでは
ヒスイの仮面や黄金の装身具
それにミイラなどがよく紹介されていますが
私にとって一番の衝撃は
やっぱり最初の石碑ですね。
生贄の儀式用の道具にも
その背景を想像してゾクッときましたけどね。
なんせ本物ですし。
目の前にあるその道具が
どれだけの血を吸ってきたのかと思うと身震いします。
妄想力逞しいモンで・・

図録、もちろん買いましたとも!
(上の写真ね)
あとピンバッヂ。これが結構好きなモンで。
さっそくGジャンの襟を飾ってます。
鳥形装飾品モチーフ

もともと持ってたペルーのシルバーブローチと
相性ばっちし♪

この展示品のモチーフのひとつに
「ポポル・ヴフ」というマヤの神話があります。
波乱万丈というか・・抱腹絶倒というか・・・
もう一度読み返してみようと思いました。
もちろん手元にありますよ。ww

今回も刺激的でした。
っつーか、
ルーツに触れたかも・・・
そんな気にさせられた素晴らしい展覧会でした。

Comment

やまさん says... "共感!"
本物を目の前にすると興奮しますよね!
数年前の開業前にお金を貯めるために
朝から夜中まで仕事を掛け持ちしてたのですが、
その一つに『ポンペイ展』の会場全般の管理の
仕事をしていました。

イタリアのナポリの近くにある
ポンペイという街が火山の噴火で
一瞬にして灰に埋もれたまま
1800年くらい(多分)発見されなかったという
遺跡の数々を展示したものでした。
展示物の案内もしていたので本を読んで
勉強したのですが、2000年以上前の
その実物を目の当たりにすると
さすがに私も震えたのを思い出します。
(私はいろいろ触りましたよ~!)

一番最初に異文化に興味を持ったのは
ナスカのあの地上絵を見た時かなぁ・・・。

それから小学生の頃に手塚治虫の『三つ目がとおる』を
読んでさらに中南米の古代文化に興味・・・。
インカ・マヤ・アステカ文明なども
テレビでやってると観るようにしてたのですが
やはり下地になる基礎知識がないと
その時は感動してても
なかなか頭には残ってないですぅ。

ところがその後、中南米の文明などと
お近づきになる機会が全くないまま
この歳になっちゃいました。
30歳前後にギリシャ神話やローマ帝国や
ルネッサンスの事は少し勉強したのですがねぇ・・・。
そちらも面白いですよぉ。

ピンバッヂいいですねぇ~!
飽きませぬ~。
2007.11.14 01:12 | URL | #Ndf1XpHo [edit]
凪々 says... ""
妄想力・・・
きっと、てぃーださんからなんかのっぴきならない
ビームとかが出てるかも知れませんね?!
f(^ー^;
2007.11.14 04:11 | URL | #MDMkRtpI [edit]
グランみほ says... "やっとこさ"
やっと開きましたよ~! 腐ったサーバーのお陰で・・・
どんだけ~!
なにやら、興奮冷めやらぬですな・・・
「カミナルフユ石碑11」
これすごいね~ 
昔の人は莫大な時間と動力を掛けて
文化を創ってきたんどと実感できる作品ですね。
バッジもGOODよ♪
2007.11.14 09:17 | URL | #- [edit]
てぃーだ says... ""
やまさん☆
そんなお仕事もされてたんですか!
うらやましいですぅ~私も触りたい~
私も撤収のバイト行こうかしら。
あの石碑にず~っとしがみついていそうです。(^^;)ゞ
「三つ目がとおる」も中南米の古代文明がモチーフでしたよねぇ。
やっぱり本物の迫力って違います!
かつてその時代に生きた人たちが、それを造り、使ったと想像するだけで
その妄想だけで一日過ごすことが出来ますよ。w

ピンバッヂ、手ごろな値段で楽しめるところがまたいいですよね~
ついつい買ってしまいます。ww

凪々さん☆
展覧会の会場にいる私は
それこそ「お手を触れないで下さい」状態です。w
一緒にいる人は、たぶん怖いと思います。
だから一人で行きます。ww

グランみほさん☆
いらっしゃ~い!
なんでmixiのリンクつながらなかったんでしょうねぇ。

いやぁ~もう興奮しまくりですよ!
古代人の手によって造られたものが目の前にあるという事実。
考えてみたら凄いことですよね。
できることならメキシコに行って
遺跡に抱きつきたいくらいですよ。ww

ピンバッヂ、いくつかあるなかで、これが一番かわいかったのですよ。w
2007.11.14 21:08 | URL | #- [edit]
ニコ says... ""
展覧会無事行けてよかったですね!

石碑はすごいのですね
この展覧会面白そうだなと思ってたんですが
すごかったのですねー

興奮が伝わってきます!
ティーダさんはあの石碑とすごい同調したんですねぇ

それにしても妄想力駆使の観覧方法はもんのすごく疲れそうですね

2007.11.15 00:39 | URL | #- [edit]
とも says... ""
石碑へ同調するような、素敵な観賞法ですね!
もっとも私は混んでたのとインカ文明への興味で
他文明すっ飛ばしてしまった為その石碑の記憶が…
黄金の装身具の前で立ち尽くしてました。
生贄セットはおぞましくて目背けちゃいました…
遙かな時超え観る発掘物には凄まじいパワーを感じますね!
2007.11.15 01:35 | URL | #- [edit]
てぃーだ says... ""
ニコさん☆
根性で行きました。w
休みの日からあまり日がたつと、また「昼間は眠い」体になってしまうので。

今回の展覧会、このテの文明に興味のある人なら
絶対おすすめですね。
興奮しましたよ~
あの石碑、見た瞬間であそこまで同調するのは滅多にないです。
久しぶりに展示物に「入り」ました。
この鑑賞法、疲れます。すんごい疲れます。
でも得られるものも結構多いんですよ。ww

ともさん☆
石碑、大きかったので、触ったり抱きついたり、石の中に入ってみたり
(もちろん妄想で)
そこだけでかなりの時間を費やしたと思います。
この最初の石碑を見るために3度再入場したくらいですから。ww
装身具も素晴らしかったですね~
私は、トルコ石の耳・鼻飾りがお気に入りです。
あれのレプリカのブローチとか売ってたら絶対買いましたよ。
ミュージアムショップで、そういう手の込んだもの扱って欲しいですね~
生贄セット、その気持ち分かりますよ。
だって本物ですもんね~実際使われてたわけですから。
あの一連の展示を見る限りでは
マヤ・アステカと比べてインカは平和で牧歌的で
のんびりした雰囲気が感じられましたね。
清濁両方のパワー、しっかりこの身に受け止めてきましたよ!
2007.11.15 07:07 | URL | #- [edit]
えすぺらんさ says... ""
やっぱり、本当にお好きな方が見た感想って
違うよね~。

私なんか、なんとなく行ってなんとなく見てって
ことが何かと多くて、・・・ダメなんだよね。
脳内に何も刻まれなくて、面白味を味わえない。

てぃ-ださんの、展示物と一体化したライブ感
天晴れです。

物しか残っていないけど、(いや当時の物が
残っているってのはスゴイことだけど、)
本当に昔むかし、それらを使って生きていた
人々がいたんだよね・・・・・・。人々の営みが
あったんだよね・・・・。
2007.11.15 14:33 | URL | #- [edit]
てぃーだ says... ""
えすぺらんささん☆
好きなものしか行きませんからね、私は。
お金がかかるものは特に。w
昔はタダで入れる画廊とか、よくふらふら~っと行ったものですが。
今は回数も減った分、見るときはとことん入り込みますよ。

発掘品を前にすると
それを造り、使ってきた人たちの営みを想像せずにはいられません。
ガラスケースの前で、自分も一緒になって
土をこねたり火をたいたり
全く非日常の別世界。楽しいものです。ww
2007.11.15 21:30 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://thiidasun.blog89.fc2.com/tb.php/277-5fbf83b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。